ゆみの世界一周旅行ブログ!
2009年5月から世界一周に出ます! 実は2008年春出発が延びちゃったのですが・・・。 夢の世界一周ようやく実現!! 英語はあやしいスペイン語はまったくダメ! でもがんばるぞ!:)
プロフィール

yumi

Author:yumi
2009年5月から西まわりで世界一周に旅立ちます!日記代わりにこのブログをつけていきます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウント
WORLD CLOCK
translate 翻訳
H.P.FRANCE
Açaí アサイー!
お得おせち!
日本最大級のチーズ専門店!
海外格安航空券!
高級ホテル&旅館!
温泉!
国内ツアーバーゲンセール!
i-pod英会話!
TOEIC
美味しいものお取り寄せ!
成城石井
グローバルダイエット!
OCS
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
backpacker webring
前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月10日 (sat) サルバドール salvador BRASIL ブラジル
7:30起床。サルバドールは今日も雨。朝食とって街に出たらどしゃ降り・・・。インフォメーションセンターで雨宿りしてたら急に晴れはじめた。街ちょこっとうろうろして、バイーア料理のレストランODOYAでランチ。生演奏あり。ムケッカやアカラジェやカイピリーニャをオーダー。ここのバタパーvatapaが美味しかった。食後カフェでカプチーノ飲んでポストカード書いて、ポストへ。そのあと歩いて、「黄金の教会」と呼ばれているバロック式教会<サン・フランシスコ教会 igreja e convento de sao francisco>とそれに隣接する同じくバロック式の教会<オルデン・テルセイラ・ジ・サン・フランシスコ教会 igreja de orden terceira de sao francisco>へ。中はけっこう広く、内装に金粉が使用されているので部分的にぴかぴかしてた。<ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho>までもどって、<バイーア料理博物館 museu da gastronomia baiana>のぞく。午後は晴天。散歩してホテル帰る。18時くらいにスナックとって、18:30ピックアップで<カンドンブレー candomble>へ。カンドンブレー candombleは、ブラジルの民間信仰のひとつ。主に低所得者層と中産階級から信仰されている。中心地はバイーア州。アフリカの土着宗教が、奴隷貿易とともにブラジルへ渡来し、カトリックへの強制改宗にともなって独特の発展をとげた。その過程においてインディオの信仰カボクロやエスピリティスモ(心霊主義)など複数の信仰をも取り込み、1830年に組織化されたもの。本来、部外者は立ち入り禁止だけど、一般公開しているところもある。ブラジルの総人口のうち約1.5%(およそ200万人)が信仰しているとされ、信者らはキリスト教会とほぼ同じ頻度でテヘイロ(Terreiro、儀式を行う場所。カンドンブレ教会)に通うという。1週間に1回儀式が行われているところもあるそうなんだけど、私達が行ったところの儀式は行っている回数が少なく、次回は来年になるそう。車で40分くらい走って郊外の貧しい地区へ到着。急な斜面に建てられたタイル貼りの集会所らしいこじんまりとしたビルの中にガイドに連れられ入っていく。階段の入り口にはボールが置いてあり、その中に割られた卵と動物の血が入れられてある。階段から部屋にかけてちぎった葉をまき散らせていて、階段をあがってすぐの約20畳ほどの部屋に100人以上はいただろうか、中に入れず階段に立っている人もいたくらい。アタバキとよばれる三本の打楽器(パーカッション)のリズムに合わせ、聖職者がその身にさまざまな神を憑依させる(信者が神懸かることもある)。カンドンブレの神々は、オリシャ(Orixa)と呼ばれ、それぞれのオリシャには自然現象や色、曜日、好物、司る人間の内臓などが割り当てられている。壁にはそのオリシャらしき絵が飾られていたり、真ん中の柱に真っ白の衣装を身に着けた男女の黒人のマネキン、天井にも1体のマネキン、部屋の奥に打楽器を叩く3~4人の男性が座っていて、彼等の前にも1体のマネキンがおいてある。おそらくそのマネキン達もオリシャだと思われる。中央の柱を囲んで真っ白い衣装を身に着けた男女30~40人が輪を作りながら、打楽器の音に合わせて、歌い踊り回る。独特なリズムで、奇声を上げたり、腹ばいになって床に額をつけ、また踊りだすということを繰り返す。するとだんだんとトランス状態に陥る人も出てきて、けいれんしたり、倒れてひきつけを起こす人もいた。昏睡状態となって、また起き上がっては踊りの輪に入る。中には気を失い、部屋の外に運び出される人もいた。3時間くらいはその場にいたと思う。なんとも奇妙な儀式だった。ガイドが迎えにやってきてホテルまで送ってくれる。22:30から待ち合わせて、相方の知人で現在カメラマンで元ボクサーのKさんと某有名日本人宿オーナーNさんとカポエイラやってるYくん達と飲みに出かける。みんなサルバドールに住んで約10年とか20年というとても個性的な方々・・・。帰って就寝3時くらい。

<観光>
・サン・フランシスコ教会 igreja e convento de sao francisco
・オルデン・テルセイラ・ジ・サン・フランシスコ教会 igreja de orden terceira de sao francisco
・ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho
・バイーア料理博物館 museu da gastronomia baiana
・カンドンブレー candomble

(ホテル)
・albergue do pelo 50real

〔食事〕
朝(am9:00):abacaxi, melancia, cafe com leite
昼(pm13:30):couver baiano(pequenos acarajes e abaras servidos com vatapa e camarao), muqueca ou ensopado de peixe com camarao, caipirinha, beer
夜(pm18:00):hamburger, H2o
間(pm23:30~):beer


スポンサーサイト

7月9日 (fri) サルバドール salvador BRASIL ブラジル
予定通り4時にサルバドール salvador到着。サルバドール salvadorは雨・・・。早朝だったのでNETして時間つぶす。6:30くらいから外が明るくなり、バスも動き始めていたのでミニバスに乗って旧市街へ。到着したのが7:30くらい。まずは歩いて途中何件かホテルあったので他のホテルもチェック入れつつ、有名日本人宿<青い家>へ向かう。値段を聞くと一人20realと格安で朝食なしで水シャワー。屋上からの眺めはすごくいいんだけど部屋が暗く、寒いので水シャワーはキツイ。今シーズン・オフなので宿泊しているのがフランス人2人と日本人2人だけとのこと。他のホテルあたってみることにする。<カルモ教会 igreja convento de N.S. do carmo>の前を通って、<ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho>すぐそばのホテルにチェックイン。朝食とってシャワー浴び、明日の<カンドンブレー candomble>のツアーを予約。10時くらいにホテル出て街散歩。まず石畳でできた<ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho>へ。ブルーの建物は以前奴隷市場だったそう。ブラジル初の黒人のための教会<ホザーリオ・ドス・プレートス教会 igreja de N.S. do rosario dos pretos>みて、ブラジルの国民的作家<ジョルジ・アマード記念館 fundacao casa de jorge amado>をのぞいて、<市立博物館 museu da cidade>もチェック。世界の伝統的楽器の展示<projeto implementacao da colecao de instrumentos musicais tradicionais ''emilia biancardi''>行って、<OLODUM>http://pt.wikipedia.org/wiki/OlodumのオフィシャルショップでDVD流してたのでみる。何年か前にマイケル・ジャクソンがサルバドールにPV撮りに来てたみたい。雨がパラパラ降りはじめたのでランチまでの時間つぶしをかねて<ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho>で黒人のおねえさんに1本エクステ編んでもらう。編みあがったあともまだ雨降ってたので傘売りから傘購入。ランチはいろいろ試したかったのでバイーヤ料理のポルキロへ。ホテルの兄さんお勧めのレストランに行ったけどいまいち・・・。食後ジェズス広場にある<バジリカ大聖堂 catedral basilica>行って、<リオ・ブランコ宮殿 palacio rio branco>ちょこっとのぞいてここ名物<ラセルダ・エレベーター>(現在片道0.15real)に乗って下町地区へ。民芸品市場<メルカド・モデーロ mercado modelo>でちょこっとお土産買って、奥のステージで<カポエイラ capoeira>http://ja.wikipedia.org/wiki/カポエイラやっていたのでしばらく見学。カポエイラ発祥はここバイーヤ地方だそう。バス停が近くにあったので14:30くらい発のミニバスで<ボンフイン教会 igreja deN.S. do bonfim>へ。ここは18世紀、遭難しかけた船長が祈ることによって無事サルバドールに着いたということから、感謝して建てられた教会だそう。教会前で売られているフィタと呼ばれるリボンを教会前の柵に3つの願いごとをかけ、1つの願いをかけるごとにリボンを結ぶと願いが叶うと言い伝えられている。また、手首にこのリボンを巻いてお祈りしても良いそう。(リボンは自然にとれるまで待って、取れたら願いが叶うとのこと)カラフルなリボンはそれぞれ意味を持っている。フィタを買ってお願いごとしたあと中を見学。奥の部屋に天井からマネキンの手・足・頭などがぶらさがっている。これはこの教会で祈りを捧げ、無事病気や怪我が良くなったということで、悪かった体のパーツのマネキンと写真を奉納しているとのこと。再びバスに乗り、下町地区へ。<メルカド・モデーロ mercado modelo>内のバールで軽く飲んでフルーツ買って(アセロラacerola, ジャンブーjamboなど) ホテル帰る。今日1日歩き回ったので、疲れていたのか18時くらいから爆睡・・・。0時に目が覚め、お腹減ってたので近くのBARへ。軽く飲んで2時くらいにホテル戻ってDVDみて4時再び寝る。

<観光>
・カルモ教会 igreja convento de N.S. do carmo
・ぺロウリーニョ広場 largo do pelourinho
・ジョルジ・アマード記念館 fundacao casa de jorge amado
・市立博物館 museu da cidade
・projeto implementacao da colecao de instrumentos musicais tradicionais ''emilia biancardi''
・バジリカ大聖堂 catedral basilica
・リオ・ブランコ宮殿 palacio rio branco
・ラセルダ・エレベーター
・メルカド・モデーロ mercado modelo
・カポエイラ capoeira
・ボンフイン教会 igreja deN.S. do bonfim

(ホテル)
・albergue do pelo 50real

〔食事〕
朝(am7:00):abacaxi, melancia, cafe com leite
昼(pm13:30):porukilo, agua com gas
夜(pm17:30):agulhinha, camarao empada, frito de tripa, lambreta, beer(scol)
間(am1:00):batata frita, queijo coalho, beer(scol)

7月8日 (thu) マセイオ maceio → サルバドール salvador BRASIL ブラジル
6時起床。曇り空でまたスコールがやってきた・・・。今の時期は毎日こんな感じだそう。でも朝食終わった後くらいから晴天!急いで準備してボート(ジャンガーダ)で珊瑚礁の天然プール<パジュサラ海岸と天然プール praia do pajucara, piscina natural>へ。料金は往復で1人20real。おじさんが一人で帆とオールで珊瑚礁のある場所まで漕いで行ってくれる。引潮と聞いた午前中に行ったんだけどけっこう満ちてた。(笑)でも足が着く程度の深さで、珊瑚礁や小魚を見ることができた。今朝、スコールがあったせいか水が濁っていてちょっと残念。私達のジャンガーダが天然プールに着いた後くらいからぞくぞくと他の観光客達(ヨーロッパ系)がやってきた。魚に餌やったり、しばらく水遊びして引き返す。いったんホテル帰ってシャワー浴びて、ランチのためにビーチ沿いにある海老の専門レストラン<インペラドール・ドス・カマロインス imperador dos camaroes>へ行って食べてみたかったチクレッチ・デ・カマロンchiclete de canaraoをオーダー。チューイングガムみたいにソースが伸びておもしろい。ビーチ眺めながらゆっくり食事とってホテル帰ってチェックアウト。荷物預けてビーチを散歩。「ピコレ~、ソルベッチ、カイコ~!」って大音量で音鳴らしながらアイスクリーム売ってる屋台があって、そこのアイスキャンディーを試してみたく探したんだけど探した時にはそこにはいない。不思議なものでいつもあるのに探すと全く見つからないってゆうことがブラジルではしょっちゅう。なんでだろう?諦めてホテル帰って荷物とってバス・ターミナルへバスで向かう。帰宅ラッシュなのか、来たときよりも時間がかかって1時間以上バスに乗った。発車45分前くらいに着いたので飲み物飲んで時間つぶす。18:30発のサルバドール salvador行き。発車してすぐ爆睡・・・。23:30くらいに起こされなぜかバスの乗り換え。

<観光>
・パジュサラ海岸と天然プール praia do pajucara, piscina natural

(ホテル)
・マセイオ maceio → サルバドール salvador移動中のバスの中

〔食事〕
朝(am7:00):pao o frances, presunto, ovo, melao ,melancia, abacaxi, cafe com leite
昼(pm13:00):chiclete de canarao, batata frito, arroz com cenoura, agua com gas
間(pm18:00):schweppes(gold tonica)


7月7日 (wed) マセイオ maceio BRASIL ブラジル
6時起床。シャワー浴びて朝食とる。ボートで珊瑚礁の天然プールへ行く予定だったけど曇っているので明日へ持ち越し。午前中NETして、午後から<パジュサラ海岸 praia de pajucara>散歩してオープンテラスのレストランでランチ。軽く済ませたかったのでサラダとビール。焼きチーズ売りとカシューナッツ売りがきたのでそれぞれ買ってトッピング。ボリュームあるサラダになってしまった。(笑)ランチ終わって再び散歩。<ポンタ・ベルジ海岸 praia da ponta verde>まで行って、バスに乗り<ポンタル・ダ・バーハ pontal da barra>へ。ここはカラフルなレース編みや刺繍の有名な村。工房や土産物屋が並ぶ。村を歩いて再びバスに乗りホテルへ戻る。ディナーとってDVD(ナイロビの蜂)みて就寝0時。

<観光>
・パジュサラ海岸 praia de pajucara
・ポンタ・ベルジ海岸 praia da ponta verde
・ポンタル・ダ・バーハ pontal da barra

(ホテル)
・hotel pousada da sereia 85real

〔食事〕
朝(am7:00):pao, torta salgada, presunto, melao ,melancia, cafe com leite, suco de acerola
昼(pm13:00):salada(peito de frango, alecrim, alface crespa, chicoria, escarola, tomate, cereja batata, palha e molho de laranja, queijo coalho, castanha de caju), beer(ravaria)
夜(pm19:30):kafta, coracao, moela, asinha, pao de alho, queijo coalho, frango com queijo, cerveja(scol)


7月6日 (tue) マセイオ maceio BRASIL ブラジル
6:30起床。朝食とって8:30ピックアップで3つのビーチをまわるツアーヘ。参加者は私達を入れて18名。ミニバスに乗って南に向かって走ること24km、<フランセス海岸 praia do frances>に到着。周りにはたくさんのホテルや土産物屋やレストランがあって観光地!って感じのビーチ。ここには15分くらいだけいてビーチを散歩。続いて<バーハ・ジ・サン・ミゲル barra de sao miguel>へ。ここからツアー最後3つ目のビーチ<グンガ海岸 gunga>へボートで行きたい人は各自チャーターして行っていいよと言われたけど、私達はボートはパスしてミニバスで<グンガ海岸 gunga>へ。グンガ海岸 はバーハ・ジ・サン・ミゲルからバスでたった10分。グンガ海岸に到着して、すぐ雲行きが怪しくなってきてスコール・・・。スコールなのですぐに雨があがったんだけど、海も荒れてたのでボート乗らなくてよかったと思う。しばらくしてまた晴れ間が広がったのでビーチを散歩。椰子林の向うに白い砂浜でできた岬があって、ブルーの空と椰子の木のグリーンと砂の白とのコントラストが綺麗。ランチはアルコールとスナックで軽く済ませる。15:30にビーチ出てホテルへ帰る。ホテル近くのポルキロ・ソルベッチ屋さんで地元フルーツのアイスクリーム食べて、ホテルのプールで泳いだ後、シャワー浴びて洗濯。夕方ビーチ沿い散歩してディナーはマセイオ名物タピオカ。お店のおねえさんにお願いして作っているところを見せてもらった。まず鉄板にマンジョッカの粉(タピオカ粉)をふるいで丸くふるって、その上にチーズや肉・ハムや野菜(トマトなど)やココナッツなど惣菜系のものか、デザート用の甘いものコンデンスミルクやチョコレートやドルセ・デ・レチェ(キャラメルクリーム)やフルーツをのせて火が通ったら上にバターとタピオカ粉をふるってひっくり返す。もっちりとしていて、まわりは少しサクサクしてて美味しい。海岸沿いの民芸品市場のぞいて帰る。就寝1時。

<観光>
・フランセス海岸 praia do frances
・バーハ・ジ・サン・ミゲル barra de sao miguel
・グンガ海岸 gunga

(ホテル)
・hotel pousada da sereia 85real

〔食事〕
朝(am7:00):pao,pudim de baunilha, paozinho de queijo, torta salgada, presunto, melao, ,melancia, cafe com leite, suco de goiaba
昼(pm12:30):cuba lible, bolinho de camarao e queijo, beer, pastel(frango e catupili)
間(pm16:30):sorvete
夜(pm19:30):tapioca(coco,queijo,bacon)(queijo,hamburguer,ovo,presunto,tomate), suco de lalanja



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。