ゆみの世界一周旅行ブログ!
2009年5月から世界一周に出ます! 実は2008年春出発が延びちゃったのですが・・・。 夢の世界一周ようやく実現!! 英語はあやしいスペイン語はまったくダメ! でもがんばるぞ!:)
プロフィール

yumi

Author:yumi
2009年5月から西まわりで世界一周に旅立ちます!日記代わりにこのブログをつけていきます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウント
WORLD CLOCK
translate 翻訳
H.P.FRANCE
Açaí アサイー!
お得おせち!
日本最大級のチーズ専門店!
海外格安航空券!
高級ホテル&旅館!
温泉!
国内ツアーバーゲンセール!
i-pod英会話!
TOEIC
美味しいものお取り寄せ!
成城石井
グローバルダイエット!
OCS
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
backpacker webring
前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月29日(mon) Isreal イスラエル Jerusalem エルサレム
7時起き。シャワー浴びて洗濯して朝食とる。部屋帰ったあと無性にアイスクリームが食べたくなって近くのスーパーへ。喉渇いて炭酸飲料も買う。近くの郵便局に行ってポストカード日本に送って(1枚4.4NIS)1回ホテルに帰る。13:20のバスに乗ってベツレヘム(14:20着)へ。15:20ベツレヘム発のバスに乗り換えてへブロン16:30着。1つ2.5NISのファラッフェルを見つけたのでそれで昼食。パレスチナ自治区は物価が安い。イスラエルの約半額。ヘブロン中心部は栄えているが、アブラハムモスクに向かうにつれて開いてる店が少なく廃墟が目立ってくる。店が並ぶ通りの上にはアーケードのようにフェンスがはられていてフェンスの上にはごみがたくさん捨てられている。聞くと上にはユダヤ人が住んでいて下に住んでいるパレスチナ人に向かってごみを投げつけてくるとのこと・・・。パレスチナ自治区の周りはイスラエル軍が囲っていて除々に占領してきているかんじ。中心から少し離れると廃墟。イスラエル領にはライフルを持ったアーミーが目立つ。アブラハムモスクも以前のムスリム教の影が残るけど現在はユダヤ教徒のための教会となっている。自分の街がこんな目にあわされたらどうなんだろう・・・。ひどい話しだ。ヘブロンには約5000人のパレスチナ人と約400人のユダヤ人が住んでいるという。19時のバスに乗ってセルビスでベツレヘムへ。夕食の買出しをして20時のバスでダマスカスに帰る。夕食自炊して0時くらいに就寝。


<行った場所>
・ヘブロン
・アブラハムモスク
(ホテル)
・Al-Arab Hostel 30NIS
〔食事〕
朝(am10:30):和風パスタ(スクワッシュ、たまねぎ、なす)
間(am13:00):ラズベリーミルクアイスバー、DIETスプライト、ピーナツ
昼(pm16:30):ファラッフェルサンドイッチ、ピクルス、レモンソーダ
夜(pm22:00):卵丼
israel+jerusalem+3+085_convert_20090710155415.jpg
フェンスの上にはユダヤの人が捨てたゴミがいっぱい。
スポンサーサイト

6月28日(sun) Esreal イスラエル Jerusalem エルサレム
7時起き。一度起きたら2度寝は無理みたい。胃のキリキリ感は寝たら治ったみたい。シャワー浴びて、洗濯して、朝ごはんに卵雑炊食べる。ネットはじめ使えなかったけど使えるように設定してもらったからちょっとネットさわる。同じホテル滞在してる人からビリー村お勧めされる。予備知識がなかったのでDVDみんなで見せてもらって準備。14時にホテル出る。パレスチナ自治区のラマーラへ。15時くらいに着いて、ケバブとファラッフェルの美味しいお店も教えてもらってたのでそのお店へ。ケバブはビーフ・チキン・ターキーの3種類。ピクルス類は食べ放題。私はターキーをオーダー。パンが大きくちょっと薄めの生地だけどちゃんとお店で焼いたものでふわふわしっとりしててすごく美味しい。ケバブ食べ終わってセルビスに乗って16:15に人口1700人の小さな村、ビリー村に着く。セルビスで一緒になったおじさんがうちに来いと誘ってきたのでお茶だけならと着いていった。甘いジンジャーの入ったシャイを出してくれた。おじさんには10人の子供がいてそのうち3人がイスラエル軍に射撃されたという。3人のうちの1人は足を撃たれたらしく車椅子生活している。6000平米の土地を焼かれたそう。しゃべっているとごはん食べていきなさいと豆(レンティル?)とごはんを炊いたものを出していただいた。味が日本の赤飯にそっくりで美味しかった。みんなで写真を撮っておじさんにお礼をゆってパレスチナとイスラエルを分けたウォール(フェンス)まで歩いた。おじさん家から歩いてたった5分のところにそれはあった。道にはたくさんの手榴弾や催涙ガスのボトル、焼け焦げて糸だけ残ったタイヤなどがごろごろ転がっていた。フェンスを越えた向こう側にはライフルをかまえたイスラエルアーミーが立っていた。今日は日曜日だったので危険はないが、金曜日のデモの日はゴム弾が飛んできて危険とのこと。去年日本からきた子3人がそれにあたって重症を負ったという。ひとりは額、目にあたって失明した人もいるらしい。ビリー村のリーダー的存在だったPHEELも2ヶ月前に催涙ガスにあたって亡くなっている。19:30にバスに乗って同じ道を帰る。ビール飲んでみんなで話しして22時に寝る。
<観光>

(ホテル)
・Al-Arab Hostel 30NIS
〔食事〕
朝(am10:30):卵雑炊、りんご
昼(pm16:00):ターキーケバブ
夜(pm17:00):レンティルごはん、きゅうり
間(pm21:00):ビール、ひまわりの種
israel+jerusalem+3+039_convert_20090710172350.jpg
手榴弾がゴロゴロ落ちてた。

6月27日(sat) Esreal イスラエル Jerusalem エルサレム
7時起き。9時に朝食とる。グループの男の子2人が料理好き(1人は本当に調理人!)でいろいろみんなに作ってくれて食べ物の高いこの地域ではほんとありがたく助かる。少し休憩して甘いものが食べたくなってみんなで甘いもの買いに行く。カナーファやバクラワなど買って帰ってコーヒーと一緒に食べる。14:30くらいにホテル出て歩いてthe garden tomb association(園の墓協会)にいってゴルゴタ(イエス・キリストが十字架に付けられた場所)とヨセフの墓を見て、church of holy sepulchreクネスィヤット・ハ・ケヴェル(聖墳墓教会)でイエスの墓に行ってvia dolorosaの店ひやかして帰ってくる。帰ってきて休憩してみんなで屋上で夕食。今日の夜はとても寒い。フリースだけでも寒いくらい。部屋に帰って作ってくれた焼きおにぎり(しょうゆとナンプラー。美味しかった)食べてみんなで<ダハブ>ゲームする。嘘つきゲーム。この旅で覚えた。口のうまい子は上手みたい。途中胃が若干キリキリしてくる。昼に食べたカナーファとバクラワのせい??同じもの食べた子も同じ症状あったみたい。3時くらいに寝る。
<観光>
・the garden tomb association(園の墓協会)
・church of holy sepulchreクネスィヤット・ハ・ケヴェル(聖墳墓教会)
(ホテル)
・Al-Arab Hostel 30NIS
〔食事〕
朝(am10:30):トマトとたまねぎのパスタ
間(pm13:30):カナーファ、バクラワ、コーヒー
夜(pm21:30):ナンプラーチャーハン、焼きおにぎり


6月26日(fri) Esreal イスラエル Jerusalem エルサレム
7時起き。一緒にイスラエルに来た女の子の1人がアンマンに行くということで早朝チェックアウト。もうひとりの女の子もエジプトにぬけると出ていく。これでメンバーが2人減って6人になった。男4人と女私含め女の子2人。さみしい。9時から朝食とって9:30にホテル出て歩いてバス停へ。12:10にパレスチナ自治区のベツレヘムにあるNativity Churchケニーサルマッド(聖誕教会)へ。イエスキリストの生まれた場所といわれる洞窟に行く。そこの協会で売ってたholy water(from ordan river)とholy oil(from the grotto of nativity, bethlehem)とペンダントトップのセット(10NIS)を購入。教会を出て12時まわってたのでみんなでランチ。物価高いしファラッフェル・サンドを選ぶ。ヨルダンは薄くおおきなホブス使ってるところが多かったけどここはピタのようなパンを使ったサンドイッチ。1つ5NIS安いところ探せば1つ3NISのお店もあるらしい。ランチ終わって移動中アイスクリームも食べた。アイスコーンが1スクープ2NIS。ソフトクリームも同じ値段。アイスクリームはいくつフレーバーミックスしても同料金。小さな女の子は5つくらい少しずつすくってもらってた。歩いてアパルトヘイト・ウォールへ。ずっと続く巨大な壁はパレスチナ人がイスラエル軍を阻止するために建てた壁らしい。そこにはたくさんのウォール・ペインティングがある。パレスチナ自治区から出るためにチェックポイントがあり、パスポートチェックと荷物チェックをしないと通してもらえない。チェックを受けたあと外にでてバスに乗ってBEN YEHUDAへ。雰囲気の違うひらけた場所。観光客むけのショップやレストランが建ち並ぶ。ストリートに入ってすぐカポエラやってるグループを発見。少し見学してショップひやかす。そこでTシャツ1枚購入。$おろせるATM探すが見つからずホテルに向かう。途中自炊の材料購入(明日は休日で店が閉まってしまうため)して帰ってディナー作ってみんなで食べて21:30にホテル出て歩いて嘆きの壁へ。ちょっと出るのが遅かったらしく、正統派のみなさんが帰って行く姿を見た。嘆きの壁には昨日よりやや多めの人達がお祈りしたり、歌を歌ったりしていた。写真撮影したかったが今日・明日と休日だから特別な日ということで撮影できず残念。ホテル帰ってシャワー浴びて洗濯して疲れててすぐ寝る。

 
<観光>
・Nativity Church 聖誕教会
・ベツレヘム
・アパルトヘイト・ウォール
・Via Dolorosa ビア・ドロローサ(悲しみの道)
・嘆きの壁
(ホテル)
・Al-Arab Hostel 30NIS
〔食事〕
朝(am9:00):雑炊、メロン
昼(pm12:00):ファラッフェルピタサンド、アイスクリーム(チェリー&キャラメル)
夜(pm20:30):レンティルビーンズトマト煮、ぺペロンチーノ、ビール


6月25日(thu) Esreal イスラエル Jerusalem エルサレム
7:30起き。9時に雑炊の朝食とって9:30にホテルでて6人で死海へ。歩いてバス停まで行って、11時にバスに乗り、サンタバス停で乗り換えそこから11時に出発してエンゲディパブリックビーチへ12時くらいに到着!ヨルダンでも死海行ったけど浅くって水濁ってたからあまりいい写真撮れなかった。ヨルダンよりも断然イスラエルのビーチがいいって思った。水の透明度がヨルダンよりもあるし、深さもある。かつ今回は大勢でいったので荷物の心配もなくゆっくりと楽しめた。水に浮いて写真撮って、ランチとって15時くらいにでて帰る。1回ホテル帰ってキリストの歩いた道ビア・ドロローサを歩いて嘆きの壁まで行く。実際キリストが同じ道を歩いたんだと思うとなんともいえない気持ちになった。その時の様子を想像しながら歩いた。嘆きの壁にはたくさんの巡礼者がいた。正統派ユダヤの正装した人も多くみかけた。ホテルに帰って夕食の材料買出しに行って、シャワー浴びて洗濯して、夕食作るの手伝って屋上でみんなでごはん食べる。2時くらいに寝る。

<観光>
・Via Dolorosa ビア・ドロローサ(悲しみの道)
・嘆きの壁
(ホテル)
・Al-Arab Hostel アルアラブホステル 30NIS
〔食事〕
朝(am9:00):雑炊
昼(pm12:00):シナモンロール、ファラッフェル、ソフトクリーム
夜(pm21:30):ごはん、鶏肉じゃが、プラム、ビール



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。