FC2ブログ
ゆみの世界一周旅行ブログ!
2009年5月から世界一周に出ます! 実は2008年春出発が延びちゃったのですが・・・。 夢の世界一周ようやく実現!! 英語はあやしいスペイン語はまったくダメ! でもがんばるぞ!:)
プロフィール

yumi

Author:yumi
2009年5月から西まわりで世界一周に旅立ちます!日記代わりにこのブログをつけていきます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウント
WORLD CLOCK
translate 翻訳
H.P.FRANCE
Açaí アサイー!
お得おせち!
日本最大級のチーズ専門店!
海外格安航空券!
高級ホテル&旅館!
温泉!
国内ツアーバーゲンセール!
i-pod英会話!
TOEIC
美味しいものお取り寄せ!
成城石井
グローバルダイエット!
OCS
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
backpacker webring
前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4:30起き。準備してガンジス河のサンライズ見にガンガーへ。高かったけどボート15$で乗る。一回帰ってモンキーテンプルへ。チャイとクッキーで朝食とって、寺院めぐり。ムスリム地区もちょっと散策。昼過ぎにホテル帰ってランチとる。汗かいたのでシャワー浴びて、パレスへ。そのあとネットカフェ2Hいてもう一度ガンガーへ。そこで<ガンジス河でバタフライ>
スポンサーサイト

4時におきる。とりあえずパッキングするけど早朝すぎてぼーっとする。4:30に部屋を出ておっちゃんにチェックアウトするって伝えるとお釣りがないという・・・。しょうがないので近くの店で水かってホテル代支払う。TAXI探すがやっぱりふっかけてくる。150RS...100RSでいくってゆうTAXIみつけたのでそれでもぼられてるが早朝だし、すでに5:20まわってたのでそのTAXIでハウラー駅へ向かう。昨日1回来てるので迷うことなくプラットホームへ。B1の車両見つけて1個4RSの菓子パン買って車内へ。エアコン付きのスリーパーでアッパー。みんなインド人ばっかり。でも3Aのいい車両なので客層はそれほど悪くない。1歳くらいの子供連れのファミリー2組とおっちゃん達。同席したおっちゃんに昨日のキャンセルのことを聞くとインドではよくあることらしい・・・。6時ぴったりに発車する。まもなくするといろんな売り子が行ったり来たり・・・。チャイ、ビスケット、バナナ、ライチ、ジュース、ラッシー、ナッツ、ティッシュに石鹸などなど・・・。インド列車はスリが多いときいていたのでガッチリバックパックにキーロックして柱につなげ、疲れていたので寝る。席のチェックと切符をきりにきた車掌さんに起こされる。バラナシ着いたら起こしてねとお願いする。到着予定19時。19:30について、荷物持ってくれると怪しい2人が近寄ってくる。ついていくのやめようかなって思ったけどオートリキシャで50RSでホテルまで連れて行ってくれるということなのでOKする。YOGI LOJI.に連れて行ってもらってWルームしかあいていないといい、シングル料金200RS/1泊で契約。部屋広くって快適。おなかへってたのでルームサービスが無料だったのでパニールピラウ食べる。美味しい!洗濯してシャワー浴びて22時くらいに寝る。

<観光>
・なし
(ホテル)
・ヨギー・ロッジ
〔食事〕
朝(am6:30):チャイ、クッキー
夜(pm21:00):パニールピラウ



2009.05.30_22:26
5/30(sat) Kolkata コルカタ
am5:00起床。テレサハウス2日目。カーリーガード(死を待つ人の家)へ。昨日と同様テレサハウスで朝食とってワンデイパスをシスターにきってもらう。カーリーガードはちょっと離れたところにあるのでバスで移動。着いたらエプロンをつけ、結核の人もいるとのことマスクを着用。まず朝食の介助と片付け。食パン、ソーセージ、バナナ、チャイがシルバーのトレイにのっている。みんな丸坊主で痩せこけていて褥創できている人もたくさんいる。持続点滴している人1人とバルンはいっている人2人。1人だけエアマット使ってた。中には数人歩ける人もいるが、寝たきりか、お尻でずりずり這って移動する人もいる。まだ若そうな子から老人まで65人くらいの患者がいた。朝食終わったら環境整備。ベッド拭いて床拭いて1列のみマットレス両面拭いてシーツ交換。そのあとリハビリ、オイルマッサージして傷の処置にまわる。薬も足りなくて必要最小限ギリギリでやっているらしい。11時くらいにお茶にいってといわれて屋上へあがる。シュシュババンよりもちょっと豪華でベジタブルチョーミンと食パンとビスケットとチャイと水。それ食べ終わったら下におりて次はランチの配膳と介助。シュシュババン同様カレー。みんな同じうす黄色のカレー。食事介助して、水配って、手洗いの介助して、後は配薬。ベッドに番号書いてあって名前とベッド番号確認して目の前で薬飲んでもらう。でも必ずしも自分のベッドにいるとは限らないから難しい。シスターに確認してもらいながら配薬。インド人の名前って難しいから発音もしづらい。すべて終わってみんなで電車を使ってサダルまで帰る。日本人の女の子と在日韓国人の男の子とランチに行く。行く場所迷って結局<ブルースカイ>へ。ランチタイム過ぎていたけど満員!やっぱりテレサハウスのボランティアの方々にここでもばったり会う。せっかくだからと10人くらいで一緒にごはん。ボランティアの中の方のお勧めエッグカレーとプレーンライスをオーダー。揚げたゆで卵が2個入ったカレー。卵をくずしながらごはんにまぜると最高に美味しい!店内に入ってまもなくしてスコールがきたみたいで外はドシャ降り。でも店を出るころには雨も上がって晴れ間がみえた。パラゴンへ帰ってシャワー浴びる。パラゴンの近くでサイクロンの被害にあった人達への寄付を募っていたのお菓子を寄付する。pm17:30にホテルを出てパラゴンの人達にさよならしてタクシーでハウラー駅へ。片道120RSまで値切った。pm18:00過ぎに駅に到着。発車はpm19:00予定。ところが駅がとても広くてどこがプラットフォームかわからない。人もかなり多くて人の間をぬって歩き回って駅員探して聞きまくる。すると私の乗る予定の電車がキャンセルしたという・・・。はじめ騙されてるのかと思って3人くらいに確認したらやっぱりキャンセルしたといわれる。ショック・・・。とりあえずカウンター71番に行けといわれたので行ってみると、19時の便が翌朝6時発になったらしい。持ってるチケットはそのままで翌朝使用可能とのこと。電車のキャンセルはめずらしくないらしい。さすがインド・・・。やられた。駅で一晩過ごす人もいるらしいが冗談じゃない!とりあえずプリペイドタクシー乗り場へ直行。サダルまで65RSとのこと。やられた。やっぱサダルのタクシーはぼったくり。みんなグルみたい。値切っても倍の値段で来たってことが判明・・・。とりあえずキタナイ独房パラゴンはイヤだったので、パラゴン近くのツーリストインへ。シングル150RSの部屋しか空いてないという。歩き方でみたら120RSとあったけど夜も遅かったし、面倒だったのでチェックイン決定。500RSしか持ってなかったのでおつりちょうだいというとおつりが今ないからチェックアウトのときに払ってという。朝早くに出るけどいいかときくと何時でもOKという。シングル部屋はありんこ+かべ落書き部屋に比べるとぜんぜん清潔で空気もしっけてない。快適・・・。はじめからこっちにしておけばよかったと後悔。かつ値段もパラゴンよりも安い。でもパラゴンにいたからたくさんの人に会うことができたのでパラゴンでよかったかな??とりあえずシャワー浴びて21時くらいに就寝。

<観光>
・カーリーガード(観光ではありませんが)
(ホテル)
・ツーリストイン
〔食事〕
朝(am6:30):食パン、バナナ、チャイ
昼(pm11:00):べジチョーミン、食パン、チャイ、ビスケット
夜(pm15:00):エッグカレー、プレーンライス



2009.05.29_22:44
5/29(fri) kolkata コルカタ
am5:00起き。6:30にまちあわせてまずワンデーパスをもらうためにテレサハウスへ。7時頃到着して無料の朝ごはんを食べる。食パンとバナナとチャイ。好きなだけ食べてもいいみたい。そのあとシスターが現れたら直接ワンデーパスが欲しいとお願いする。午前は8時から12時。午後は15時から18時。1日目は障害のある子供のいる家<シュシュババン>でのボランティアを希望する。シュシュババンはテレサハウスから歩いて行ける距離。ついてまず荷物をロッカーに入れ、エプロンをつけて子供のいる部屋へ。2~4歳くらいの子供が15人ほど椅子に座って朝食をとっている。全員丸坊主に頭を刈られている。全盲の子、麻痺の子、嚥下困難のある子などがいた。ミルク介助したあと、片付けしてベッドメイキングとシーツ交換。着替え、リハビリ(カルテに沿って)、オムツ交換。終わったら11時くらいだった。チャイとビスケットでお茶休憩とったら、昼食の介助。食事の介助が大変でなかなか食べてくれない。口をあけてくれない子や寝たままぜんぜん起きてくれない子などなど・・・。食事はみんなカレー。ペースト状やそのままの形状のカレーなど。おもいっきり刺激物だがインド人にはカレーが基本らしい。かなり時間がかかるがすべて食べさせないとシスターに怒られるらしい。あまりにももたもたしているとシスターがやってきてどれかしてみてとスプーンと皿を取り上げシスターが食事介助をかわってくれる。でもこれがかなり強引。嫌がっててもお構いなしに子供の口のなかにどんどんカレーを流し込む。吐き出したらそれをすくってまた口の中へ・・・。誤嚥寸前。というかゲホゲホしてる子もあり。そんなこんなでランチ終了。オムツ交換と着替えをさせたら薬と水を飲ませる。以上すべて終わったら12時。午前だけでへとへとになる。午後も参加するボランティアの子は少なかった。私も午後参加する元気はなかった。ボランティアはインド出身以外ということで、白人系、日本人、韓国人、台湾人、中国人といろいろ。朝テレサハウスに朝食をとりにきた人たち(なかには食べず直接施設に行く人もいるらしい)だけでざっと30~40人はいただろうか。同じゲストハウスの子達とランチのためにスタバっぽいカフェがあるので行こうと誘われそこへ。オーダーしたのはチキンサンドとアイスカプチーノ。サンドイッチには子袋のケチャップとマスタードがついてくる。アイスカプチーノがくせもの。言わなきゃ極甘と聞いていたのでノンシュガーにしたのは良かったんだけど、アイスなのに生ぬるく、かつ上から下までただの泡。微妙にクリーミーなビールの泡だけすすってる感じ。2度と飲みたくないシロモノでした。ランチが終わって一回パラゴンに帰る。部屋に入るとムッとした独特な臭いと湿気に気が滅入る。早くコルカタを出たいと思いパラゴン近くのチケットセンターへ。ここがぼったくり。電車チケットの値段を確認したら通常料金の3~4倍の値段をふっかけてきた。同じゲストハウスの別の子が正規料金でチケット販売している場所があるので案内してくれるというので3人で歩いて行く。サダルから歩いて40分くらいのイースタンレイルウェイ予約オフィス。ペーパーに行き先とパスポートナンバーなど書き込み、あらかじめペーパーに書かれている番号を呼ばれたらおじさんが手続きしてくれる。ここでコルカタ→バラナシ、バラナシ→アグラのチケットを購入。パラゴンへはバスで帰って(4RS)パラゴン近くのクーラーがきいたレストラン<ブルースカイ>へ。値段が他に比べて高めというが、それでも30~200RSでおなかいっぱいになる。店内には同じゲストハウスにいた男の子達やテレサハウスで会った人達もいた。この店おすすめのベジバーガー(チーズ)をオーダー。パンが美味しい。豆コロッケ入りのバーガー。ディナー終わってパラゴン帰って洗濯してサダルをうろうろする。はやめに帰って翌朝のボランティアに備えて寝る。
<観光>
・misslonary of chaity (テレサハウス)シュシュババン 観光ではありませんが・・・。
(ホテル)
・Paragon Hotel パラゴン
〔食事〕
朝(am7:00):食パン、バナナ、チャイ
おやつ(am11:00):チャイ、ビスケット
昼(pm13:00):チキンサンドイッチ、アイスカプチーノ
夜(pm19:00):べジバーガー、チップス




5/28(thu) Nagarkot ナグラコット → Kolkata コルカタ
am4:30起き。準備してam5:00にホテルの屋上へ。エベレストの日の出はっきり見えず残念。ポカラ同様ヒマラヤは良く見えた。6:30に待ち合わせてイングリッシュブレックファースト食べる。8時過ぎにホテル出てバクタプルへ。ぶらぶらして写真撮って11時出発で車でカトマンズへ。ランチにモモとべジチョーミンをシェア。14時にネパールインターナショナルエアポートへ。お友達はドメスティックでポカラへ。16時発のコルカタ行き。でも出発したのは16:30。飛行機乗り込む前の持ち込みバッグのチェックの厳しさに驚いた。すべてのファスナー開けられて「これは何?じゃあこれは?」とこと細かく聞き出されそれが空港の中と飛行機の入り口でと2回も同じチェックが行われ、かなり時間がかかった。空港の中でチェックされた時私の日本から持ってきた豚インフル対策用のディスポマスクを見つけ、担当のおばさんから、「私もマスクするべきなんだけど持ってないのよね・・・。いっぱいあるからひとつもらえるとたすかるんだけど・・・。」といわれしょうがないのであげました。
pm17:40にインドのコルカタ到着。プリペイドタクシー利用で安宿街で有名なサダルストリートへ。タクシーからの景色がネパールより都会で道路も綺麗に舗装されている。サダル周辺は別だけど。pm19:30くらいに伝説の宿パラゴンに到着。異様な独特な雰囲気にちょっと引いた。何十年も前から時が止まったようなかび臭い感じ。早速受け付けのおっちゃんに空き部屋あるか聞いてみる。「ドミトリーかシングルかどっちだ?」と空きはある様子。とありあえずシングルでとお願いすると二階へあがる手前の階段付近の部屋魔の50号室に通される。扉開けてショック。まるで牢獄・・・。お断りして他探したかったけどすでに外は真っ暗。これから重い荷物を抱えて別のホテルを探す勇気もなく1泊の我慢と思い牢獄をチェックイン。その後部屋に入ってチェックインしたことを思いっきり後悔する。間違いなくワーストナンバーワン。壁には一面の落書き。しかもなんだかおどろおどろしい。念がこもってるような・・・誰かハイな状態で描いたような・・。古びたテーブルには蟻が這っている。薄汚れたベッドシーツにも蟻。空気も湿気がたっぷりでかび臭く息がつまりそうだった。いち早くここを出たいと思った。本当に心からそう願ったくらい。とりあえず荷物を置いてテーブルといすが並ぶ外にでた。すぐに日本人の男の子に「こんにちわ!」とあいさつをされた。その後も数人に出会ったがみんな日本人だった。ほかの国の人もいるみたいだったがほぼ日本人ばかり。何人かと話しをしたけどみんなテレサハウスにボランティアに行くためにここに来ている子達ばかりだった。
私ももともとそれが目的でコルカタに来ているので翌朝よかったら一緒に行く?と誘われ合同することにした。
<観光>
・Everest sunrise エベレストの日の出(ヒマラヤ?)
・Bhaktapur バクタプル
(ホテル)
・Hotel View Point (ツアー組み込み料金) :Nagarkot ナグラコット 
・Paragon Hotel パラゴン:Kolkata コルカタ
〔食事〕
朝(am6:30):トースト、ベーコン、スクランブルエッグ、ポテト、チャイ、フレッシュマンゴージュース
昼(pm14:30):チキンモモ、mixチョーミン
おやつ(pm17:00):Real mixジュース、チョコレートバー
夜(pm17:00):機内食(ベジバーガー、サラダ、デザート)
おやつ(pm20:30):マンゴー、ライチ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。